「成りたい人になるで式」大成功の記録2 妄想していた景色と実際見た景色

当初の妄想では、

・1階土間がガヤガヤええ感じで、イベントをめがけて来た人もエスマートにいく予定で通りすがった人も、なんか迷い込んだ人もいる空間

・2階はイベントをめがけて来た人や本を読みたい人、話したり考えたりしたい人が静かに安心安全に過ごせる場所

・1階掘りごたつ部屋を「土間のガヤガヤ」と「2階のしっとり」の中間として、ご飯を食べたり話したりする場所

としていました。人の多さや賑やかさやイベントに持ってきた思いみたいなものが、うまい具合に土間―掘りごたつ―2階へとグラデーションになるイメージでした。

 

いやはや、うまいこといきましたね。

当日見た景色をいくつかご紹介。

 

・チャリで通りがかった人「エスマートに買い物しに来たんやけどなにこれぇ、ちょっと自転車停めてくるわ」

・いつも不真面目にくる子どもが火鉢をいこったりそのへんの見知らぬ大人も巻き込んで神経衰弱やったりしている風景

・2階でゆっくりご飯を食べてた人たち「ごめんなさいチラシとか勝手に動かしちゃいました!」の風景 (「下ろしちゃ悪いかなぁ」とか考えて身動き取れなくなる必要はマジでないので、大変よかった!)

・「あっ!あの棚の人だ!」から始まる棚オーナーさん実写化の瞬間

・トイレのノブが古いタイプで延々右に回したら開くこともあることを来る人来る人に説明する掘りごたつ集団の風景

・掘りごたつで根っこが生えた集団の風景

・おそらく初対面のおじちゃんの顔芸に恐怖を覚えた子どもがおじちゃんに一生「あっち向いてホイ(こっち見んな?)」している風景

・子どもへの性教育についてアレコレ話し合っている風景

・ゆるしかのこともイベントの内容も全く知らんかったであろう人がLGBTが出てくる映画の話をしてて「今日その会だよ!」と総ツッコミされてみんなで笑てる風景

 

そのほかいろいろ。

 

みんなゆっくり過ごしたり、色々考えたり、妄想したり、とにかくなんでも「ええこと」があった日になったのでしょうか~。

私はいろんなところをフラフラしており大変よかったですが、駐車場も含めてまるまる1軒でイベントをしたことはないので、私が見きれていないところでもしかしたら居心地が悪かった人や、しんどかった人もいるかもしれない、いやいるだろう。

今回初めて「LGBTのひと」と出会った人もいるかもしれない。そういった人にとっては私がLGBTのイメージになってしまうかもしれないね。

今回のイベントがしっくりこなかった人や、私という人間がしっくりこなかった人もいるだろう、いてよいのだ!でも懲りずにまたイベントに来たり、違う場所を探したり、違う人の講演を聞いたりしてみてくださいね。

 

私もまた、新たな妄想を育てたいと思います!

懲りずにゆるりと、しっかり、かくじつに、またどこかで~

「成りたい人になるで式」大成功の記録1 お礼と今回の「妄想」に至るまでのメンタルの話

「成りたい人になるで式」おわりました!ありがたや。めっちゃええ日でした◎

わたしの妄想からはじまったイベントですが、妄想に終わらず実現できたことも、妄想した風景がそのまんま見れたことも、嬉しく尊く有難かったです。

 

妄想企画書を作り始めたのは11月半ば、そこからオファーを始めて、12月初週には出店が決まって、届出関連のことや告知なんかの準備もスムーズに当日を迎えて無事に終われました。

 

【ちなみに妄想企画はこんなんです】

■妄想中の景色

・「知らん人も入れるし楽しく過ごせる空間(ゆるしか主催のマルシェみたいな雰囲気)」と「よりディープな話をできる空間」を上手くつくりたい。

・座談会をする場所はあけっぴろげでない空間(たとえば二階とか、奥の方)で行いたい。が!決して敷居は高くせず、「間違って入った人も間違ってない空間(なんじゃそりゃ)」にしたい。

・「いろんな大人がいる」「いろんな仕事がある」「いろんなやり方がある」を体感してもらいたく、5~6店舗くらい出店があればいいなぁ。(食べ物1~2店、飲み物1~2店、妄想屋台(モノでもコトでも)2~3店のイメージです。)

・一度に中にいる人数は5~15人くらい、1日合計20人くらいのイメージ

【企画書おわり。妄想初期は結構小規模な感じだったみたいです】

 

自主企画は何回かやったことがあったけれど、出店者さんを呼ぶとか、何部屋も使うとか、鳥取駅の近隣でやるとか、告知を1ヶ月も前から打てるとかは過去に例がなく。ほんまに初めてのこと盛りだくさんでした。自分史上最大のイベントになりました!ほんまによかったです!

 

なによりなのは、やっぱり企画を面白がって場所を貸してくだすった不真面目商店のみっちーさん、付き合ってくだすった出店者のみなさん、来てくだすったお客さんあってのあの風景。ほんまにありがとうございました。

自分一人で妄想を実現に漕ぎ着けらても、あんな風景にはならんです。もちろん「私の妄想あっての」でもあるけれど、やっぱり「みんながいてこその」風景だから、ずっと感謝です。

 

 

実は去年もイベントをやっていて、その時は大好き「喫茶ミラクル」を借りて実に3日間!毎日図書館を開いてミニ講演をやって、別途で1日目はコレ、2日目はコレ、3日目はコレみたいなコンテンツを用意してはいたのです。が、ぼちぼちと始まって終わる、ホロニガ体験となりました。や、その中でも勿論ええことはたくさんありましたが!

 

自分事かつ言い訳にはなりますが、去年のこの時期はブラック企業でメンタルをぶっ壊した末の絶賛フリーターでした。元気もお金も細々と。でも「なにか活動しなきゃ…いないことになっちゃう…」という焦りのもと、ナントカ奮い立たせ、その時できる範囲のことを精一杯やった、「そんな姿もきっと何かの意味はあるはずなんや…!」みたいなイベントでした。

本当に、「今となっては」ですが、他者がたくさん集まって、こんな出来事があって、きっとこんな風景が…!みたいな妄想をしている余裕はなくて、それが如実に表れていたように思います。そしてそんな危うげな企画でも背中を押してくれて、快く場所を貸してくれた喫茶ミラクル、バイトリーダーしょーたろーさん、その節はほんまにありがとうございました…!

 

そんなことになっていた去年の冬を経て、4月から雇ってもらった職場がほんまにいろんな意味で良かったことが大きな要因でメンタルが大回復。

出来事は「仕事が定まる」1つですが、その中にも両親とのイザコザからの解脱とか「正社員じゃないと恥ずかしい」からの解脱とか、副業で好きな仕事が続けられるワクワク感とか、金の余裕が心の余裕につながることとか…言い出すとキリがないいろんなことによって、メンタルが大回復したのでした。

その結果、めちゃくちゃ妄想力が高まって「うおーやるぞー」となれたわけです。

 

思い返せば喫茶ミラクル「ミラクル朝市」での出店がええ感じになってきたのも去年の春頃からな気がしますし、用瀬イエロービルで「ゆるしか図書館」をやったのも、汽水空港でイベントしたいなぁと思い始めたのも、春からの仕事がええように回ってきて妄想パワーが「うおー!」となってきてからのことですね。

「メンタル大事」を噛みしめながら「成人式」の日を過ごしました。

さいきんの妄想・今後の予定などの書き置き

寒いですね。って書き始めていい季節のはずが、全然そんなことないですね。何なんでしょう…。これからトンチキな量の雪が降らんことを願います。

 

近況報告です。なんか色々ありました。

11月に私の大好き人「じんじんさん」の野点のスタッフ、&もうここまで来たらやったろうということで、用瀬さんぽ市の実行委員もやったりました。居らんよりは遥かにマシだったであろう!ほとんどアワアワ見てただけだったけど…

 

野点やさんぽ市はやっぱり私のいろいろに大きく関わってくるもんで(そのくらい大好きだからなんだけど!)、さんぽ市を経て、私の妄想が捗りまくっています。ええこと。

妄想がどれくらい実現できるか、実現に向かって賛同して助けてくれる人が多いかは定かではありませんが、妄想がアツいうちにアレコレやっちゃいましょー。

 

と、いうことで、今後の抱負。今後実現したい妄想を書き留めておきます。

 

1つめ2つめは実現確定!

1.喫茶ミラクルのミラクル朝市、夏秋と出れてませんでしたが12月から復活します。12月は24日(土)クリスマス回です!移動図書館となんかあったかいもんを用意しようと妄想中です

 

2.「ゆるしか図書館」の棚を置いてもらっている不真面目商店にて、1月21日or22日にイベントを企画中です。イベント概要ぼちぼち解禁していけそうです!

 

3つめも進めています。

春(3月頃かしら)に、用瀬のtakemurateiにてイベントを妄想中です。

 

4つめは妄想段階

梅雨前くらいに公共施設横の公共スペース(ボカシすぎごめんやで)にてイベントを妄想中です。

 

あとは日本海新聞みみちゃんプレスへの連載継続、あと講演活動の継続ですね。

 

それから、これは正直スベってないかが心配なのですが、「イベントオーガナイザー連絡網」が作れたらいいなと妄想&各所へ相談中です。

マルシェやイベントが乱立と言っていいほど賑わってきた昨今のとっとり、どのイベントにも出店したいし出店してほしいし遊びに行きたいしなんとかならないのーーーということが何度かあって、イベントを企画する人たちが繋がれたらおもろいんじゃないかと思っての動きです。

が!今の段階でもう賛否とはいかないまでも「賛・非賛」いろんな意見を伺っていて、やっていいのかサムいのか、どう進めていけばいいのか悩み中ですが、そんなこともしています。

 

 

ヤ―。急に頑張ってますね。去年の今頃は無職で鬱だったくせに。

とっとりの冬はやばいんだぞ。冬季鬱に気をつけなよ、自分。まじで。

 

直近の予定としては、講演が2回。今年は16回で講演納めです!去年の倍以上。

なんともなく今年を終えられて、機嫌よく冬を越せたらいいな。

 

 

近況報告

知らん間に11月…ほんまに知らん。早すぎやしませんか。

 

今日わたしの人生初・小学校での講演会を終えて、なんかもう今年の「初」は全部終わったんじゃないかという気持ちになってます。めちゃくちゃ疲れました。

6年生の皆々様…お聞き苦しいことしかなかったと思われるけど、究極「なんか変な大人が話に来てた」くらいのことでもいいから何かを感じてほしいところだ…(毎度のことながら先生方に慰めてもらった)。

 

前回のブログは、大人さん向けの公開講座でボコボコにやられた件で終わってましたねぇ。あれからいっそうメソメソとしながら、10月の残りの講演を生き抜き、いろんな人に慰めてもらいながらナントカ11月に入りました。11月の活動は、3講演+1出店です。

 

この1ヶ月の間で嬉しかったことは、「LGBTQ100人のカミングアウト」動画を作っているyoutuberのかずえちゃんと会えたこと。

やっぱり、いろんな出会いや経験をしてきたり、いろんな景色を観たりいっぱい考えたりしてきた人というのは、強いんだなぁと思いました。本人にもお伝え出来たんだけど、本当に、「子どもの頃にこんな大人と出会いたかったな」と思って。小さい時からいろんな人と出会えて、いろんな話が聞けることって、マジで大事です。

すごいなぁ、今の学生のみんないいなぁ。羨ましいなぁ。

 

それから、日本海新聞のみみちゃんプレス内で、月1の連載が始まりました。10月のは23日(日)のに載ってます。

新聞って、写真とかをアップするのはダメだからどうしようかなぁと思ってるんだけど、「あとがき」的なブログにて、書ききれなかったところとかを書くのも面白そうね。どこかに書いて残しておこうかな。

「気持ち悪い、あなた方はキライです、好きに生きて下さい」かぁ。

ほげー。やっと講演が終わったと思ったら、危うく中央分離帯に衝突して死ぬところでしたよ。

10月は講演ラッシュ。その1コ目の講演でこんなことある??次の講演3日後なんだけど???ウゲー困った困った。ということで、ボロボロ吐かせてもらいますね…。

 

2月ぶりの大人さん向け(かつ公開の)講演会でした。普段学校で話すことの方が多いから、年齢層も受講者層が読めないことも不安でした。緊張しましたね。

とはいっても講演の回数はこなしてきたので、「目の前で寝られる」「聞いてない」「スマホいじられる」くらいの反応はもう大丈夫。居ます居ます。

ここで「キー!なんで聞いてくれないの!!?」って怒ったりはしません。私も興味ない話の時は聞かないし、眠い時は寝ちゃいますもの。仕方がない。

 

が、怖いのはやはりヘイト。これまでも経験があります。

講演後の質疑応答の時間にしても、自由記載・無記名式のアンケートにしても、

「気持ち悪い」「意味が解らない」「病気だ」「親不孝だ」「子どもを産まないのはおかしい」等々、言われてきましたよ。えぇ。

これまでも経験があったことなのに、予想はしていたのに、なんかもう最近ずっとヌルい活動してきたからなんでしょうか。鬱のせいでしょうか。エラい傷付いちゃって。

もう活動辞めようかな。死んでしまおうかな。ウワーウワーと、非常にマズい状態でした。(現在は回復傾向にありますが…)

 

最近よく考えているのは、よく見聞きする「みんなでつくる社会」とか「誰もが輝ける社会」みたいな文言の”みんな””誰も”に、私(達)は含まれているんだろうか…いや、いなさそうだな、ということ。

「あなたたちは想定されていませんよ」「あなたは例外(特別)だから」「私達とは違うから」ってなってるよな?現実…。

だからこそ、より多くの人の”みんな”や”誰も”の範囲を広げるために活動をしているのだ。理解して、支援してなんて高等なことは望んじゃいない。ただ「知って」と思っているだけなんだけど…それもまだまだ難しいんだなぁ。

 

メソメソしちゃあいられないんだけどさ。なんかこうさ。参っちゃうよね。

グッと堪えて、これから「お返事」を仕上げちゃおうと思います。(講演後にアンケートの中でお返事したいものがあったら書くことにしているのです。)

 

 

 

 

ステルス就労支援施設の妄想

身近に困ってる人が多すぎる。なんか起業したい。みんな雇いたい。みんなで働こうぜ!(?)だがしかし、アイデアがない。

ブラック企業や御局様に苦しみし者、家から出れぬ者、逃げ出す資金難に苦しみし者、回る経済に振り回されし者…まじでなんとかならんの?これ。

おーい!おーい公助くーん!どこだい公助くーん。知らん顔しやがって。

 

国連から日本の障がい者への分離教育や強制入院やアレコレについて叱られちゃったというニュースを観た。なんか色々考えてしまうけど、まぁこんなに福祉や人権が置いてけぼりにされた国において、”インクルーシブ”なんてそいつは無理な相談だ。残念だけど。

個人的な意見だけど、今の社会の状態のまま「あっ国連が言うたんで分離も強制入院もやめます」ってされて、自己責任論が激化する中ますます行き場がなくなる未来、まじで御免です…土台がちゃんとしてからそういうことしようね、頼む。何の話(?)

 

そうそれで、何かみんなで助かりたくて、何か儲けになることがないか、最近よく考えています。ほんまに。

「社会とのつながりを…」云々とか「自立に至るまでの…」云々とか、そういう施設は数あれど、逃げ出す資金が貯まるわけでもないし、キャリアになるのかもわからない。

それで士気が上がるかと言うと…私ならどうかな。難しいかも。

だとしたら、「株式会社○○」みたいなものを起こしちゃって、ステルス就労支援みたいなことにならんだろうか。(ごめん口ばっかりやから実際やると合法か違法かみたいな委細まではまだ調べてない!)

チャリティーグッズやお菓子や小物、売られていたら買いはするけど、そんなちっぽけなあわれみでは、誰も救えていないと感じてしまうのよ。

生きづらさを抱える人達が単純作業ばっかりさせられるのも、良し悪しだと思うのよ。

 

何かないかしら。

Vtuberだらけのコンカフェとか?はみ出る野菜の中華料理屋?観賞魚の繁殖(なんで?笑)?農業?

「今日ダルいんで休みます、明日は来ます」「ウィー」みたいなやりとりができる会社エエな~とは思うんだけど、その会社は何をして儲ける会社なのかが浮かばんことには、絵に描いた餅にもならんのでした。

置かれた場所が最悪なら休眠一択

気を抜くとすーぐ死にそうになる今日この頃ですね。

コロナ爆発しとるし暑いしテレビおもんないし、宅配業者かと思ったら勧誘やし、元同僚が”本当のコト”教えたがって連絡してくるし…(笑)もうなんやねん!笑

国のお政治家軍団は民の知らんところで思った五億倍腐っとるし、なんちゅうか本中華や。

家に引きこもってハム眺めるのが一番心に良いです。本当に。

 

先日ポロっとツイートしてた「トランス女性は女性です」とかチー牛看板の件とか、生産性ない議員の件とか、元アイドル議員のお人形さん具合と周囲の環境とか、本当なら考えて書きたいことだらけなんだけど、そんなことをできる気力がない。無理してやろうとするとトゲトゲしくなるから、他害しないためにもお休みを頂きます。申し訳ないが…。

「アイツ講演とかやってる活動家のクセにダンマリかよ!」とか叩くのマジでやめてくださいね(そこまで知名度ないし期待もされてないと思うけど!)。

 

 

本当を言うと、いま国会議事堂あたりでデモをやってる中の一部ノイジーマイノリティはもしかしたら私かもしれないし、コロワクは猛毒です、政府の資料は信用なりませんから!!って必死こいて説得して回ってる人は私かもしれないし、幸せを引寄せる壺を買っているのも私かもしれないと思っている。

不安定な環境下で誰も何も信じられないと思考停止してしまったら、私はああなってしまうと思う。だから心が痛むし、ヲチやめられないし、今は休む一択。

「置かれた場所で咲きたい」とは思わないけれど、置かれた場所ごときでどうこうしている場合じゃねぇのです。ここに置かれたんなら仕方ねぇから休眠。今は動いている時ではない。休め休め~